カルニチンサプリはいつ飲む?飲むタイミングで効果が変わるって本当?

ダイエットや健康目的で服用している方の多いカルニチンサプリですが、実は正しいタイミングで飲まなければ効果が半減してしまうということをご存知でしょうか。

 

 

 

この記事ではそんなカルニチンサプリのもたらす効果と、効果を享受するためにはいつ飲むと良いのかについて考察していきます。

カルニチンはいつ飲むかで効果が変わる

カルニチンだけに限らず、栄養素はどのようなタイミングで摂取するかによって得られる効果が変わってきます。

 

 

 

つまり、栄養素は摂取するタイミングを間違えてしまうと効果が半減し、目的に合致したタイミングで摂ると効果を最大限享受することが出来るのですね。

 

 

カルニチンはそんないつ飲むかが重要な栄養素の中でも特にどのタイミングで摂取するかが重要な栄養素と言えるでしょう。

 

 

 

カルニチンと言えばダイエットに使うことが多いですが、最近はダイエット目的で摂取される栄養素が増えてきたため、すべての栄養素と効果的な飲むタイミングを把握しておくことが困難ですよね。

 

 

 

しかし、効果が半減しないように気を付けようとすると、かならず飲むタイミングを工夫しておかなければいけません。特にカルニチンをダイエット目的で摂取する際は考えて摂取しなければ、脂肪がしっかり燃えてくれませんから尚更です。

 

 

これはカルニチンをダイエット目的以外で摂取するときも同じことが言えます。

 

 

 

例えばカルニチンのダイエット以外の用途には疲労回復や高脂血症の予防、脳機能の活性化などがありますが、これらすべての効果を最大化する方法は無く、最も得たい効果は何なのか、そしてその効果を最大限得るためにはカルニチンサプリをいつ飲むのかが異なるのです。

カルニチンサプリをダイエットに使う時はいつ飲む?

ダイエット目的で摂取される栄養素のうち、筋肉の増強や脂肪の燃焼を促進するものは大抵運動を始める30分前に飲んでおくと良いでしょう。カルニチンもその例に漏れずダイエット目的で飲む場合は運動の30分前に飲むことを推奨されている物質です。

 

 

 

体内に充分な量のカルニチンが存在すると、体脂肪は身体の中にカルニチンが不足しているときとは比べ物にならない位効率よく燃えてくれます。これはカルニチンが脂肪として蓄えられているエネルギーが使用可能なエネルギーに化学変化するのを助けてくれるからです。

 

 

しかし、場合によってはカルニチンサプリを飲むタイミングを運動後にした方が良い場合があります。これに該当するのは体力に自身が無い方がダイエットを始めた場合と、かなり強い運動をする場合です。

 

 

 

カルニチンは運動などでエネルギーを多く消費した後に摂取すると、疲労回復に必要なエネルギーを生成するという働きがあるため、強い運動をした後や体力が無い方が激しく運動した後に飲んでおくと、次の日に疲れが残らないようにケアしてくれます。

 

 

 

次の日に疲れを残してしまうと、その日の運動の質が落ちてしまいますから、毎日同じ質の運動を続けたいという方の場合は食後にカルニチンを飲んだ方が効果的だと言えるでしょう。

慢性的なだるさや疲れを取り除くためにはいつ飲む?

30歳を超えて以降、日常生活で疲労を感じるとしばらく疲れが長引いてしまう、というような状態になってしまった方は多いのではないでしょうか。

 

 

 

これは加齢による体力の低下を原因として起こるものなのである程度疲れやすくなるのは仕方ありません。ですが、いつまでたっても疲れが抜けないというのは辛いですよね。

 

 

特に現代人は疲れを取ろうにも忙しすぎて充分な休息を取れていないという方が多いです。

 

 

 

そんな慢性的な疲れ・だるさを解決するためにカルニチンを飲むのであれば、寝る前に飲むのが良いでしょう。カルニチンは比較的飲んですぐに身体への影響が出る成分ではありますが、積み重なった疲れやだるさを活動中にカルニチンサプリ飲むことで改善することは難しいです。

 

 

 

しかし、寝る前にカルニチンサプリを飲んでおけば、睡眠中に行われる身体の補修や疲れからの回復をカルニチンが効率化してくれるため、次の日まで疲労を残したままにせずしっかり回復することが出来ます。

 

 

また、疲労回復を期待してカルニチンサプリを飲むのであれば、なるべく毎日飲み続けるようにして下さい。というのも、カルニチンは排出されやすい成分であるため、身体の中に貯めておくというのが難しいのです。

 

 

 

飲んだり飲まなかったりという日々が続くとカルニチンから得られる疲労回復効果が薄くなってしまいますので気を付けて下さいね。

脳機能を活性化させるためにはいつ飲む?

カルニチンはダイエットや疲労回復以外にも脳機能の活性化という効果を持っています。脳の老化を防ぐ効果と言い換えても良いかもしれませんね。

 

 

 

脳の情報伝達物質のひとつであるアセチルコリンは学習能力や記憶能力を司っています。人間は歳を取ると新しいことを覚えたり、記憶を維持したりすることが難しくなりますが、これは情報伝達物質であるアセチルコリンが歳と共に減少していくからなのです。

 

 

 

 

 

 

そして、アセチルコリンの生成にはカルニチンが欠かせないと考えられています。

 

 

 

つまり、カルニチンをしっかり供給し続けることが出来れば、アセチルコリンを減らすことなく、歳を取っても脳が活性化した状態を維持できるということになるのです。

 

 

 

実際にカルニチンは現在認知症やその他の脳機能が低下することによって起こる病気を治療するために使えないかと世界各国で盛んに研究されています。

 

 

脳機能の活性化目的としてカルニチンサプリを飲む時は、疲労回復の時と同じように寝る前に飲むのが良いでしょう。

 

 

 

アセチルコリンを始めとする脳細胞は活動中徐々に破壊されていき、就寝中に再生しますから、寝る前にカルニチンサプリを飲んでおくと効果的に活動中失われたアセチルコリンを再生させることが出来ます。

高脂血症対策のためにはいつ飲む?

カルニチンサプリを飲むと脂肪が燃焼されやすくなると言われているのは、カルニチンには中性脂肪が分解されたことによって生じる脂肪酸を効率よくミトコンドリアへ届けることが出来るという効果があるためです。

 

 

 

なので、カルニチンサプリなどでカルニチンを補給しておくと、血中の脂肪がカルニチンによって効率よく分解されるため、高脂血症の予防・改善をすることが出来ます。

 

 

高脂血症は高血圧や高コレステロールなどの陰に隠れているため、血液の病気を語る上であまり話題に上ることはありませんが、悪化すると動脈硬化心筋梗塞脳梗塞を引き起こす恐れのある恐ろしい病気です。

 

 

 

しかし、前述のようにカルニチンサプリを飲む習慣を作っておけばある程度高脂血症による動脈硬化や心筋梗塞のリスクを減らすことが出来ます。

 

 

高脂血症の予防にカルニチンサプリを飲むのであれば、飲むタイミングは食後が良いでしょう。特に油っこい食事をした後に飲んでおくと効果的です。

 

 

 

また、症状の進んだ高脂血症の改善を望むのであれば、食後に加えて就寝前にも飲むようにすると良いですね。就寝中は血液がドロドロになりやすいため、高脂血症の症状が進んでいると、寝ている時に脳梗塞や心筋梗塞を起こしてしまいかねません。

 

 

 

就寝前にカルニチンサプリを飲んでおくと、そのような最悪の事態を未然に予防出来るため、悪化した高脂血症を持病として持っているという方は実践するようにして下さいね。

まとめ

ご紹介したようにカルニチンは私たちの健康を守るために様々な効能を持っています。しかし、せっかくの効能も飲むタイミングを間違えてしまうと効果を半減させる結果に繋がりかねません。

 

 

 

カルニチンサプリを飲んでいるという方、カルニチンサプリをこれから飲もうと思っているという方は、自分はどのようにカルニチンを活用したいのかを考えた上で、いつ飲むのが良いか考えてみると良いでしょう。